トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「気軽に利用できるDHAの抗不整脈剤に期待」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「気軽に利用できるDHAの抗不整脈剤に期待」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • 気軽に利用できるDHAの抗不整脈剤に期待


前回のコラムでご案内したようにDHA化合物にはカルシウムオーバーロードによる不整脈(カルシウム依存性の不整脈)を防ぐ効果が充分に期待できると思います。

ちなみに以前、アスコルビン酸だけを使ってカルシウム措抗作用を調査したことがあるのですが、アスコルビン酸単独では、カルシウム措抗作用は確認できませんでした。

ですから、今回の実験結果は、もしかするとDHAだけの働きなのかもしれません。

しかしDHAは非常に酸化しやすい油なので、DHAを単独で用いた場合、酸化による作用の低下が心配されます。実際に今回の実験中、実験者が吐き気をもよおすほどの臭いを放つ、酸化したDHAを使ったときには、カルシウム桔抗作用は確認できませんでした。

その意味で、抗酸化力の強いアスコルビン酸と結合させたDHAの化合物で抗不整脈効果が確認できたことは、たいへん意義の深いものだと思っています。

今回の研究は、あくまで動物(イヌ)の培養細胞を使った試験であり、この研究結果が即、私たち人聞の不整脈にも当てはまるかどうかはわかりません。

また、研究に使っているDHA化合物も、現在、薬剤としての認可を申請中のものですから、不整脈に悩む方が今すぐ利用できるというシロモノではありません。

とはいえ、この研究成果によって、今後、不整脈に対するDHAおよびDHA化合物の研究がどんどん進むと期待されます。

そうなれば近い将来、誰でも気軽に利用できるDHAの抗不整脈剤が市場にも登場してくるに違いありません。

少なくとも、イヌを使ったアレキサンダー先生の論文では、ヒトにおいても有効であることが強く示唆されています。

ちなみに、DHAを豊富に含む青背の魚や、DHA含有の食品を食べた場合でも、今回の実験でみられたようなカルシウム括抗作用、つまりカルシウム依存性の抗不獲脈効果が得られるかどうかを尋ねてみたところ、推測の域を出ないがと前置きしたうえで「充分に可能性はある」との力強い答えが返ってきました。

<続く>

参考になさってください。

こうした不整脈など、さまざまな効果が報告されているDPA・EPAの健康パワーにご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する