トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「DHAの安全性・危険性」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「DHAの安全性・危険性」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • DHAの安全性・危険性

いくら食品由来の栄養素と言っても、DHAだけを単独で抽出して摂取する場合には、魚を食べている場合とはちょっと事情が違ってきます。DHAの最大の欠点は、酸化しやすいことです。

体内では、呼吸でとりこまれた酸素から特殊な状況下で生ずる活性酸素(体を障害する危険性の高い攻撃的な酸素)が、細胞膜の脂質成分(DHAなど)と結びついて過酸化脂質をつくりだすことも考えられます。

従来は、魚油が空気中で酸化しやすいことから、体内でも酸化しやすいとして危険視されてきました。

ところが人間の体はうまくできていて、体内には酸化を防止するビタミンEやビタミンC、ベータカロチンなどの抗酸化物質がたくさん存在しており、実際には危険なほどの酸化は生じないと考えられています。

また、休内で酸化された油は、体内に長時間とどまることはなく、すぐに分解されて、やがてはエネルギーに変わっていくと言われています。

さらに、近ごろの研究では、魚油は確かに体内でも酸化しやすいですが、実は逆にその酸化しやすい性質を利用して活性酸素と結びつき、活性酸素の弊害を封じ込めてしまう働きが示唆されています。

いずれにしてもこれまでの研究をみるかぎり、DHAが成人病や生活習慣病の予防と解消に役立ったという報告はあっても、成人病や生活習慣病の促進に働いたという報告は聞いたことがありません。

だからDHAの酸化による弊害は、それほど心配しなくていいと結論づけられます。

酸化の問題を含めて、幸いにもこれまでの研究では、問題になるようなDHAの副作用は報告されていません。臨床研究の中には、多少、DHAの摂取で気分が悪くなった例が報告されていますが、これは副作用というよりも、普段とっていないものをとる精神的なストレスや、あるいは通常以上に油の摂取量が増えたことなどの影響が大きい結果です。

DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する