トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「DHAの制がん作用が明らかに」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「DHAの制がん作用が明らかに」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • DHAの制がん作用が明らかに

秋田大学医療技術短期大学部教授の成渾富雄先生は、同じオメガ3系の脂肪酸でも、DHAとEPAでは大腸がんに対する効果が違うことを動物実験で明らかにしています。

この実験は1988年に行なわれたものですが、DHAとEPAの効果の違いを明らかにした功績はもとより、DHA単独の発がん抑制作用を初めて明らかにした、DHA研究の草分け的な研究報告でもありました。

「大腸がんの発生に、高脂肪の食生活が深く関係していることはかなり以前から知られていましたが、ちょうどそのころは、同じ高脂肪食でも脂肪の種類、つまり脂肪酸の種類によって発がん率がずいぶん違うらしいことが、わかりはじめてきた時期だったんです」と、成洋先生。

「とはいえ当時は単純に、豚や牛などの獣肉の脂肪は“悪い油”、そしてそれに対して植物性の脂肪は“良い油”なんだという考え方が、主流となっていました」。

いわゆる巷で「バターをやめてマーガリンにしましょう」といったコピーフレーズが一世を風摩していたころです。

魚の脂肪については、魚油やEPAを用いた動物実験で、大腸がんの発生が抑えられたというデータがいくつか出ていたが、まだ研究がはじまったばかりという状況でした。

そうした中で、海産物を主食としているグリーンランド在住のイヌイット(エスキモー)に、大腸がんをはじめ、がん全体の発生率が低いという報告を見た成渾先生は、ならば魚の脂肪を調べてみようと思い、この実験を行なうことにしたという。

この実験の詳細については次回のコラムでご案内したいと思います。

参考になさってください。

DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する