トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「私たちの体は発電器官」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「私たちの体は発電器官」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • 私たちの体は発電器官


心臓のトラブルの一つに不整脈があります。

なかには生命をおびやかす危険な不整脈もあるので、脈の乱れを感じたら、すぐに病院で検査してもらうことが重要です。

現在、不整脈の治療には四種類の薬剤が使われていますが、その中の一つに「カルシウム拮抗剤」があります。

DHAとアスコルビン酸の化合物(以下DHA化合物とします)が、カルシウム拮抗剤として有効であることを、イヌの心筋単一細胞標本を使った実験で確認したのは、東邦大学の百瀬先生です。

実験を行なう以前に、DHAが強心薬(ウワバインなど)によるカルシウムオーバーロードの予防に役立つという論文発表がすでに出ていましたので、もしかしたらそれがDHAのカルシウム拮抗作用によるものではないかと思い、実験を行なってみることにしたのです。

実験ではイヌ7頭を使い、その心筋をばらばらにして一個の心筋細胞を分離し、DHA化合物を添加した場合と添加しない場合の、カルシウムの流入状態を比較しています。

なお、この実験では、心筋の細胞内に出入りするカルシウムの量を、パッチクランプ法と呼ばれる電気生理学的手法によって、微小のカルシウム電流として測定しています。

ちょっと難しい話になりますが、不整脈に対するDHA効果を十分に理解していただくために、カルシウムの流入がどのように心筋の収縮に関係しているのかを説明しておきます。

心筋が収縮するとき、活動電位と呼ばれる微小な電位変化が起きます。

心筋にかぎらず、骨格筋あるいは平滑筋においてもこうした電位が発生しますが、心電図や筋電図に表れるのは、まさにそうした筋肉から放出された電気シグナルであり、もっと言えば、私たちの脳の働きもすべて電気現象と言えます。

いわば私たちの体は発電器官といってよく、別の言い方をすれば、こうした電気現象こそが私たちの生きている証なのです。

心電図の波形がツーツーと一本線になって、心筋の電気反応が消えてしまえば、それはつまりご臨終です。

パソコンは電源を切ることで機能がストップしますが、自己発電で機能している私たち人聞は、自己発電できなくなった時点でおしまいというわけです。

<続く>

参考になさってください。

こうした不整脈など、さまざまな効果が報告されているDPA・EPAの健康パワーにご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する