トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「“落ち着き”の心理状態を生むDHA」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「“落ち着き”の心理状態を生むDHA」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • “落ち着き”の心理状態を生むDHA


鈴木先生や奥山先生らの動物実験の、DHA投与群のネズミの行動パターンは、DHAで頭が良くなったというよりは、むしろDHAの投与でネズミの心理状態に“落ち羞き″が生まれたと考えるほうが自然かもしれません。

新たな観点から研究に取り組んだのは、DHA研究ではたびたび登場する富山医科薬科大学の浜崎先生です。

DHAの投与でネズミの頭が良くなったわけではないとは、おだやかではありません。その理由を浜崎先生は次のように説明します。

たとえば鈴木先生の迷路実験では、DHAをあたえていないネズミが、ゴールにたどりつくまであっちヘチョロチョロ、こっちヘチョロチョロしていますが、あれはDHA群のネズミにくらべて頭が悪いというよりも、こっちに行っても水はないかもしれないが、それでもとにかくあっちへ行ってみたいとか、あるいは実際に行ってみて行き止まりにブチ当たるとまた元に戻ってきて、さらに性懲りもなく別の方向へむかって走りださずにはいられないといった、良く言えば行動的、悪く言えば非常に落ち着きのないネズミの心理状態が強く反映されているように見えます。

奥山先生の実験も同様です。明光時と暗光時のレバー操作について、DHA投与群と対照群の行動の変化を比較していますが、DHAをあたえなかったネズミにしても、おそらく暗いときにレバーを押してもエサがでないことは、充分承知していたと思われます。

しかしそれでもなお、DHAを摂っていないネズミは、お腹がすけばついつい押してしまう、あるいは単なる興味本位で何度も押してしまう。そうした心理的な落ち着きのなさが、誤反応の多さにつながったに違いないと、実験データを見るたび思うようになったとの考え方です。

そこで浜崎先生は、DHAが実際に、人の心理状態(落ち着き)に影響をあたえるかどうかを調べるべく、富山医科薬科大学と四日市大学の学生たちにボランティアを募って調査を開始しました。その結果については次回以降ご案内します。

参考になさってください。

頭の働きをよくしたり、生活習慣病を防いだり、アレルギー疾患を改善する効果のある、DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する