トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「DHA含有石けんの誕生」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「DHA含有石けんの誕生」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • DHA含有石けんの誕生


免疫異常の関与する皮膚病の一つに、乾癬があります。

乾癬の治療には一般に、ステロイド外用剤が使われています。しかしこれは効果が強い反面、副作用の問題があります。

そこで、DHAの働きが注目されます。

DHAには、ロイコトリエンB4(起炎物質)の体内産生を抑える働きのあることは、説明しました。

しかし、それにはいくつかの問題があります。

皮膚表面のDHA濃度をつねに十分量保つとなれば、かなり大量にDHAを飲み続ける必要がでてきます。

そこで直接DHAを患部に塗布するというアイデアが生まれました。

DHAは、皮膚からの吸収率はあまりよくないのですが、乾癬の場合は皮膚の表面付近に問題がある病気ですから、皮膚の中に深く浸透しなくても十分に効果が期待できます。

患部に塗布といって、すぐ思い浮ぶのは軟膏のようなクリームです。しかしクリームではダメです。

なぜならDHAは、空気中では非常に酸化しやすい油なので、長時間、皮膚に塗布したままにしておくと、逆に皮膚を傷める原因になりかねません。

それにDHAを軟膏にした場合、なにしろ原料が魚の油ということもあって、多少、魚臭いのです。

やっぱり患部に直接塗布というのは無理かとあきらめかけたとき、グッドアイディアがひらめいたのです。

石けんです。石けんならば、すぐに洗い流してしまうものですから、酸化の心配はありません。

多少、魚臭いにおいがあっても、いっときの我慢です。

しかも入浴中は、通常より皮膚の吸収力が高まっているので、DHAの吸収率も上昇します。

そんなこんなで研究グループは、さっそくDHA含有の石けんをつくって富山医科薬科大学に持ち込み、臨床試験をお願いしてみたのです。

参考になさってください。

生活習慣病を防いだり、アレルギー疾患を改善する効果のある、DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する