トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「魚好きの母親の母乳にはDHAが豊富」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「魚好きの母親の母乳にはDHAが豊富」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • 魚好きの母親の母乳にはDHAが豊富


動物実験では納得できないという人に、決定的なデータをご案内します。

イギリス・ケンブリッジ大学のルーカス博士らの調査ですが、まさにわれわれ人間の知能指数にDHAが影響したという画期的な研究報告を出しています。

体重1.5キログラムで生まれた未熟児の赤ちゃん300人のうち、母乳で育てた赤ちゃんのグループと、粉ミルクで育てた赤ちゃんのグループの、8年後の知能指数を調べたところ、母乳群が平均「103.0」だったのに対して、粉ミルク群では「92.8」と、両者に10ポイントもの差が出たというのです。

この差はいったい何でしょう。

ルーカス博士らはその後、母乳と粉ミルクの成分を細かく分析してその違いを調べていましたが、最終的に「DHAの含有量の違いが影響している」と結論づけました。

母乳にはDHAが豊富に含まれています。

とくに日本人の母乳には、アメリカ人の3倍以上、オーストラリア人の2倍以上のDHAが含まれています。

マイケル・クロフォード氏が言うように、日本人の子供の知能が高いとすれば、こんなところにも一つの理由があるのかもしれません。

ただし一つ注意したいのは、日本人だから母乳中のDHA量が多いわけではありません。日本人が、他の国の人々にくらべて魚をひんぱんに食べているという前提での話です。

つまり授乳中のお母さんがどのくらい魚を食べているかで、母乳中のDHA量は決まるのです。

魚をあまり食べないお母さんだと、日本人でも当然、母乳中のDHA量は少なくなっています。

DHAは、知能指数ばかりでなく、子供の健康な発育のためにも有用なので、授乳中のお母さんがDHAをとるメリットは大きいです。

なお、母乳で育てることができないお母さんも心配ご無用です。

最近ではDHA入りの粉ミルクが市版されているので、それを利用するとよいでしょう。

参考になさってください。

頭の働きをよくしたり、生活習慣病を防いだり、アレルギー疾患を改善する効果のある、DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する