トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「アレルギーは遺伝+環境で発症」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「アレルギーは遺伝+環境で発症」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • アレルギーは遺伝+環境で発症


アレルギー疾患の急増ぶりは、春先の、まるで季節の風物詩のごとくなってきた花粉症を一つ例にとってもよくわかります。

アレルギー疾患には花粉症の他、ぜんそく、じんましん、アレルギー性鼻炎、薬物アレルギー、アトピー性皮膚炎などさまざまな種類がありますが、一つのアレルギー症状を抱えている人は、他のいくつもの症状を内包していると言ってよいです。

すでに日本人の三人に一人が何らかのアレルギー症状に悩んでいると言われる中、アレルギー疾患をもっていない人を探すほうが難しい状況です。

どうしてアレルギーという病気が出るかといいますと、まず第一に遺伝的素因をもっているということです。素因をもっていなければ、アレルギー症状は絶対に起こりません。

両親のどちらかがアレルギー疾患だったり、あるいは親戚にアレルギーの人がいるという場合は、アレルギーの素因をもっている可能性が大きいと考えていいでしょう。

ただし素因をもっていても、それだけではアレルギー症状は出てきません。素因をもっている人が、ハウスダストやダニ、スギ花粉、あるいは食物の卵、牛乳、大豆という、その人特有のアレルゲン(抗原)の感作(刺激)を受けることで、初めて体内でアレルギー反応が起こってくるのです。

われわれの体には本来、外部からスギ花粉やダニといった抗原が侵入したり、あるいは体内にがん細胞が生じた場合、それらを異物(非自己)と判断してすぐに体外へと排除する働きがそなわっています。「免疫」と呼ばれる機能です。

このとき体内では、そうした異物、つまり抗原に対して「抗体」と呼ばれる物質を産生して応戦するわけですが、この抗体は、ある特定の抗原に対してだけ反応するようにできていて、次に再び同じ抗原が侵入してきたときには、すみやかに排除できるしくみになっています。

ところが遺伝的にアレルギーの素因をもっている人は、特定の抗原が侵入してくると抗体を過剰に生み出して、本来、抗原から体を守るはずの抗体で、逆に体を障害してしまう結果になります。そうして引き起こされるのが、アレルギー疾患です。

なかでも、ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などは、抗体の中でも最も量の少ないlgE抗体の産生量が深く関与しており、血中のlgE値は、体内で起きているアレルギー反応の強さを診るうえでの一つの指標となります。

また、アレルゲンの特定については、一般に「ラスト法」と呼ばれる0〜6の六段階のスコアを用いた血液検査で判定されます。たとえばダニに対する反応が極端に強く出れば、ダニのスコア「6」となって、ダニ陽性と判定されます。

しかしアレルゲンの感作を受けてもまだ症状が出てこない人もいます。

そういう人はさらに別の原因、たとえば天気が悪いとか、運動をするとか、自律神経が不安定だとか、ストレスだとか、そうした環境因子が加わって初めてアレルギー症状が表面に出てきます。

参考になさってください。

生活習慣病を防いだり、アレルギー疾患を改善する効果のある、DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する