トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「DHAの投与で心筋細胞の収縮が抑制」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「DHAの投与で心筋細胞の収縮が抑制」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • DHAの投与で心筋細胞の収縮が抑制


心臓のトラブルの一つに不整脈があります。

なかには生命をおびやかす危険な不整脈もあるので、脈の乱れを感じたら、すぐに病院で検査してもらうことが重要です。

さて心筋細胞の収縮が、活動電位によって引き起こされることは説明しましたが、百瀬先生の実験ではイヌの単一心筋細胞に人工的に電気刺激をあたえて収縮を起こしています。

ふつう、生体に電気刺激をあたえると筋肉がピクピクツと動きますが、その収縮を、心筋から単離した一個の細胞に起こしたわけです。

そしてその収縮を起こした状態の細胞にDHA化合物をあたえて、何もあたえない場合(コントロール)との収縮状態の差を比較しました。

このとき、もしDHA化合物にカルシウム拮抗作用(カルシウムイオンの流入を抑える作用)があるとすれば、DHA化合物を投与した細胞では、心筋細胞の収縮が小きくなるはずです。

実験の結果、DHA化合物をあたえたほうが、心筋細胞の収縮の状態が非常に小さくなることが確認でき、しかも、DHA化合物の濃度が高いほど収縮が小さくなることがわかりました。

百瀬先生はさらに、DHA化合物を投与した細胞を一度洗浄して、DHA化合物を投与する前の状態にもどし、ふたたび同じ条件でその収縮の度合いを調べています。

つまり先の実験でみられた心筋細胞の収縮抑制が、DHA化合物の働きによるものなのかどうかを確認したわけです。

結果は、最初から何もあたえていない細胞(コントロール)と同じ程度に収縮が回復していたといいます。

これでDHA化合物が、心筋細胞の収縮抑制に役立つことは明らかです。

<続く>

参考になさってください。

こうした不整脈など、さまざまな効果が報告されているDPA・EPAの健康パワーにご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する