トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「若い脳を保つにはDHAが最適」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「若い脳を保つにはDHAが最適」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • 若い脳を保つにはDHAが最適

痴呆とは別に、加齢にともなう脳の老化にもDHAは有効です。

脳の細胞は、胎児のころにほぼ完成し、生まれてからはほとんど増えることはありません。

しかも恐ろしいことに、30歳を過ぎたあたりから、1日10万個ずつも死んでいくと言われています。

たとえば50歳の場合、365日×[50歳マイナス30歳]×10万個だから・・・物忘れがひどくなるはずです。

こうした老化にともなう脳の働きの低下は、脳細胞自体が減るのと同時に、脳細胞に含まれているDHAが減ってしまうことも大きいと思われます。

脳細胞の中には平均10%程度の割合でDHAが含まれていて、記憶学習など脳の機能を活発にする働きをしているのですが、脳細胞が減っていけば、当然、脳の中のDHA量も減ることになります。

実際に、高齢ネズミと若いネズミの脳内のDHA量を比較した研究で、高齢ネズミのほうが明らかにDHA量が少なかったと報告されています。

しかし、あきらめてはいけません。

実は、脳内のDHA量が減っている高齢ネズミに、DHAの多いエサを1ヵ月間にわたってあたえ続けると、若いラットと同じくらいまでDHA量が回復することが確認できています。

だからDHAをたくさん摂って、脳内のDHA量を若い頃と同じ程度に保っていれば、老化にともなう脳の機能低下を最小限にくいとめられるという希望が出てきます。それを裏付けるデータもあります。

農林水産省食品総合研究所機能生理研究室長の鈴水平先先生が行なった、DHAカプセル利用者のアンケート調査の結果を紹介しましたが、そのなかで鈴木先生は65歳以上の人にしぼったデータも出しています。

それによると、脳と神経系の症状の改善を目的にDHAカプセルを利用している65歳以上の人の中で「変化なし(効果なし)」と答えた人は、0人だったといいます。

つまり脳や神経の改善を目的にDHAを飲んでいた65歳以上のすべての人が、何らかのDHA効果を実感していたというわけです。

いつまでも若い脳を保つには、DHAは最適の食品なのです。

参考になさってください。

DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する