トップページ > コラム:丸わかりDHA・EPA「アルツハイマー、NGF、DHA」

今、いつまでも健康であるために血液サラサラ成分が注目を集めています。サプリメントに配合されているような人気の血液サラサラ成分はいくつかありますが、中でも有名なのが青魚由来のDHAEPAですね。仕事や勉強でずっと頭をハッキリしていたいという方にもオススメの成分でもあります。しかしながら、毎日目標とされる1日1グラム以上を摂取するのは大変です。現実的にはDHA・EPAサプリメントを利用するのが便利ですね。

コラム:丸わかりDHA・EPA「アルツハイマー、NGF、DHA」

  • コラム:丸わかりDHA・EPA

    • アルツハイマー、NGF、DHA

アルツハイマー型痴呆は、原因不明で脳の細胞がどんどん萎縮してしまう、やっかいな病気です。

一つ明らかなことは、その脳の萎縮が、記憶学習の働きをしている「海馬」の部分に集中的に起こっているということです。

そしてアルツハイマー型痴呆で死亡した人の脳の海馬に含まれているDHA量は、それ以外の病気で死亡した人にくらべて半分以下に減っていることが明らかになっています。

アルツハイマー型痴呆に、DHAの減少が深く関わっていることはおそらく間違いありません。

実はつい最近、ある研究グループは、アルツハイマー型痴呆に対するDHAの新しい有効性を発見しました。

それはNGF(神経成長因子)という栄養素の産生量を増やす働きです。

NGFというのは、アミノ酸が連結したペプチドと呼ばれるものの一種で、脳の神経細胞の働きを高めるのに不可欠の栄養素です。現在、アルツハイマー型痴呆に対する効果が注目されている成分です。

実際に、アメリカでアルツハイマー型痴呆の患者さんの脳に、このNGFを直接注射する治療法が試みられたことがあり、明らかな治療効果が報告されています。

脳に直接注射するというのはずいぶん乱暴な治療法ですが、NGFは口から摂取しても脳内には入っていかないので、これまでは直接注射するしかNGFを脳に補充する方法はありませんでした。

ところが最近の研究で、DHAにはこのNGFの脳内産生を促す働きのあることがわかったのです。

DHAが直接NGFをつくるのではありませんが、DHAが脳の神経細胞の中にたくさんあると、NGFの産生量が4〜5倍に倍増されることが確認できたのです。

DHAは口から摂取しても、脳の中にどんどんとり込まれていきます。そのDHAでNGFの産生を促すことができれば、なにも危険をおかしてまで頭に注射を打つ必要はなくなるわけです。

先にご案内した臨床試験で、アルツハイマー型痴呆に対してDHAが100%の改善度を示したのも、こうした働きを考えれば充分うなずけるものと言えます。

参考になさってください。

DPA・EPAの健康効果にご興味がある方は、DHA・EPA系サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新のDHA・EPAサプリメント比較ランキングはこちら

丸わかりDHA・EPA

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA

目次

トップページ
DHA・EPAサプリメント比較/口コミ人気ランキング
丸わかりDHA・EPA
DHA・EPAの基本

口コミを投稿する